ギモンらど!!

放射線検査とそれに関するノートと参考ブログ

放射線とは?わかりやすくイメージする方法とは?

放射線とは?わかりやすくイメージする方法とは?

一般的に放射線に対するイメージと言えば、「目に見えない」、「被ばくするとよくない」などコワイものであったり、良くないことばかりが連想されます。

 

その一方で、病院では、病気の発見と診断、治療法の選択、治療効果の判定など、欠かせないものです。

 

「原発事故」と「病院の検査」では、被ばくするが異なりますが、被ばくするという一点だけを言えば同じために、被ばくイコール恐いというイメージがつきやすいものです。

 

最近は特に顕著に見えるかもしれません。

 

恐いものが使われて検査されていると考えると、『なるべく放射線を使う検査を受けたくないけど、しょうがないから・・・』と思う人は少なくないのではないでしょうか?!

 

ただ、恐いと思うのに「放射線とは何?」という疑問に答えられる人はどれくらいいるでしょうか?

 

例えば、蛇が恐い人は蛇が爬虫類で長細くてニョロニョロと動き、ネズミを丸呑みするなど知っていると思うと、どんなもので、なぜ恐いのかという理由がいえるのは当たり前のような気がするのです。

 

そこで、今回は「放射線とは何か?」についてまとめてみたいと思います。   意外と身近なものも関係しているので話自体はそれほど難しくはないはずです・・・。

スポンサーリンク

放射線とは?

放射線の教科書をめくってみると放射線の定義は

 

「高いエネルギーをもつ電磁波と粒子」   とあります。

 

ただ、これで分かれば苦労しないので、この電磁波と粒子について考えたいと思います。

 

・電磁波とは

どの家庭にもある電子レンジに使われています。電子レンジでは、マイクロ波を食材にあてて温めていますが、他にも紫外線や赤外線が電磁波と呼ばれるのもになります。 つまり、目に見えない波(大きなスピーカの前に立つと揺れている感覚する)および太陽光(可視光と呼ばれるもの)などが電磁波に該当します。

 

・粒子とは

簡単に言うと、目に見えないほど小さな粒(漢字のまんまかもしれませんが)です。 山に行くと、マイナスイオンを感じて癒されるとか、ヘリウムガスを吸うと声が変わるとありますが、これも目に見えない粒子が存在しているのです。

 

スポンサーリンク

電子レンジやマイナスイオンは被ばくをしているのか?

放射線の正体は、電磁波と粒子で電子レンジのマイクロ波やマイナスイオンが関係していると言いましたが、この二つは放射線ではありません。

 

放射線で被ばくするとなったら、誰も電子レンジを使わなくなるかもしれないし、森林浴をする人がいなくなっても責任はとれませんので、全否定をします。

 

放射線と呼ぶには、この二つはエネルギー(力とか影響力)が弱いのです。

 

野球で考えてみましょう。

小学生が投げるボールとプロ野球選手や200kmをだせるピッチングマシンでは全然ボールの威力が違いますよね。

 

プロの投げる球を観た人は「さすが!プロの球や」みたいな感想がでるのではないでしょうか?!

 

また、TV番組の企画で200kmのボールの威力を見せつけるために、芸人さんの人形が破壊されるの観たことがありますか?

 

すごい威力でビビるくらいビックリするのですが、小学生の球ではあんなことできないですよね。

 

実はこれ、電磁波や粒子の世界でも同じなのです。

 

いわば、人形を破壊できない小学生の投げるボールが、マイクロ波や紫外線、マイナスイオンで人体にはさほど影響がなく、放射線ではないもの。

 

一方、プロ野球選手が投げたボールや200kmのボールが、X線など代表されるような放射線と呼ばれるものです。

 

つまり元となるモノは一緒でも、エネルギー(破壊力)が違うだけで呼び方(名前)が変わっているだけといえるのです。

図3

図1

放射線の種類とは?

今まで、放射線と一括りにしてきましたが、放射線とは、光や波、粒子の仲間で、人体に影響力を持ったモノの総称のことです。

 

なので、その中にも種類があるので、ご紹介したいと思います。

 

・電磁放射線(電磁波)

γ(ガンマ)線:可視光と呼ばれる、太陽からの光には赤、橙、黄、緑、青、藍、紫とレインボーカラーが含まれてますが、この中で紫の紫外線が日焼けに影響されるように、人体に影響力をもっています。(エネルギーが高い)ですが、γ線は紫外線よりもはるかに高いエネルギーを持っています。γ線は自然界に存在する、放射線を発生する放射性物質から発生します。

 

X(エックス)線:特性は、γ線と同じですが、発生方法が大きく違います。X線は人為的に金属に電子という粒子を高速でぶつけると発生します。1895年にレントゲン博士によって発見され、不思議や未知という意味でX(エックス)が使われて、命名されました。

 

・粒子線(粒子)

α(アルファ)線:ヘリウムの原子核で高速で動いているもの。プラスの電気をもっています。自然界に存在するウランやラドンなどの放射性物質から発生します。

 

β(ベータ)線:高速で動く電子のことです。マイナスの電気をもっています。 これも、自然界に存在する放射性物質から発生します。

 

中性子線:高速で動く中性子のことです。電気はもっていませんが、核分裂に大きく関係しており、原子爆弾の威力のもとになっています。

放射線の透過力

透過力とは、モノをどれだけ貫通して進む力があることです。 その、イメージ図を載せます。

 

shuruiandtouka

らどちゅー

放射線に携わるお仕事をさせてもらっています。 経済情報を読んだり、読書が趣味と、 まぁインドア派の典型です。 そんなんで、毎日助けてもらっています。

Leave Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です