ギモンらど!!

放射線検査とそれに関するノートと参考ブログ

CT・3次元画像の種類とは?

CT・3次元画像の種類とは?

CT検査では、体の情報を3次元画像を収集するため、3次元画像を作成することができます。

その3次元画像には、表示方法に種類があるので、主要なものだけでもまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

3次元画像の利点

先ずは、3次元画像の多くの利点を理解していただきたいと思います。

 

➀立体的な画像として把握できる。

断層像だけでは、慣れたものでなければ、骨や臓器を立体的に捉えるのは困難です。
特に、患者さんに説明する場合に、断層像を見せても理解出来る人のほうが少ないでしょう。
そんな場合に、立体的に把握できる3次元画像があれば、誰もが理解しやすくなります。

 

心臓も立体的に見られる
心臓も立体的に見られる

➁不要な物体を除去することができる。
CT検査を行うと、画像には自然と目的外の臓器まで写ることになります。他の臓器に病気が見つかる場合もあり、利点にもなりますが、それ以外の時には、いわば、診断や治療には不要なものです。
それは、3次元画像でも表示されますが、画像処理を施すことで、無駄を排除することが可能です。
目的の骨や臓器を、より詳細に観察しやすくすることができるのです。

 

➂特定の骨や臓器を見やすく色分けできる。
画像処理を施すことで、全体像のなかに目的の骨や臓器、血管だけ目立つような色付けをすることが出来ます。

動脈を赤に静脈を青にそれ以外を透明な臓器として表示している
動脈を赤に静脈を青にそれ以外を透明な臓器として表示している

 

スポンサーリンク

VR(ボリュームレンダリング法)

おそらく、CTの3次元画像の中で最も見る機会が多く、現在の主流のものです。

 

一般的な3次元画像を思い浮かべてもらうのが、一番です。

 

画像上に表示したいCT値の範囲を決めて(オパシティカーブで調整)、立体的に表現する方法です。

 

一番立体的に理解しやすい方法ですが、表面的なものしか見えません。

内部構造がどうなっているのかという、詳細な画像情報を得るためには、違った表示法や、画像処理が必要になります。

表示するCTによって、皮膚面まで表示できる。がCT値を狭めすぎると、スカスカの骨のような画像になる。
表示するCTによって、皮膚面まで表示できる。がCT値を狭めすぎると、スカスカの骨のような画像になる。

MIPとMinIP

この二つは一緒に紹介したいと思います。

 

・MIP(maximum intensity projection):最大値投影法
これは、光線の経路上にある最大CT値のものを前面に押し出して表示する方法です。
そのため、ある部位では、体の後ろにあるものが、ある部位では、体の前にあるものが表示されているため、奥行きの情報がでたらめになっています。

原理的に言えば、骨や血管に付着する石灰化、造影剤が主に見えることになります。
血管造影検査と同様の画像が見られるため、造影剤を注入したときの血管の見え方がよくわかる。

 

出典:www.vet.utk.edu-
出典:www.vet.utk.edu-

 

・MinIP(minimum intensity projection):最小値投影法
MIPとは逆の表示方法。光線の経路上にある最小CT値を前面に押し出して表示する方法。
CT値は空気が最も低い値のため、空気により近いもの(肺など)が表示される方法です。

MinIP法。肺や気管など

VE:仮想内視鏡画像

最近、CTC検査の普及とともに、使われるようになった表示法です。

CT画像から、あたかも内視鏡を行ったときのような画像を作ることができます。
特に大腸の検査に使われる機会が多く、隆起性の病変など見つけることができます。

ただ、本物の内視鏡画像とは違って、内部構造の色合いまで表現することが出来ません。
内視鏡医から見ると、色合いも診断に有効な情報となるため、物足りないと思うこともあるようです。

大腸の全体像と右のような仮想内視鏡画像が得られる。 出典;www.stricklandscanner.org.uk- www.topnews.in-
大腸の全体像と右のような仮想内視鏡画像が得られる。
出典;www.stricklandscanner.org.uk-
www.topnews.in-

他には?

CTの3次元画像はとても種類があり、上のVRとMIP法以外はあまり使われることがありません。
そのため、他のものはざーっと紹介したいと思います。

・RaySum

CT画像から、X線単純写真に似せた画像を作りだす。過去に撮影したX線写真との比較に使うためにあるようです。

が、あまり使用されているのを見たことがありません。

出典:www.himawari-a.jp
出典:www.himawari-a.jp

・SR(サーフェイスレンダリング法)

VRが主流になる前の3次元画像の初期型の画像。
しきい値を設定し、2値化というしきい値内のものを1、しきい値が鋳物を0といったような処理を行う。
すると、値が1を示す構造だけが残り、それを3次元画像で表示する。
血管の3次元画像には造影剤が欠かせないが、造影のムラが原因で十分な濃度が得られないことがある。その場合、2値化を行うと、必要な構造まで失うことになり、現在では使われなくなった。

らどちゅー

放射線に携わるお仕事をさせてもらっています。 経済情報を読んだり、読書が趣味と、 まぁインドア派の典型です。 そんなんで、毎日助けてもらっています。

Leave Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です